ちょっとした雑学から知って得することまで、あらゆる知識を集めたサイトです。

    知って得する知識サイト

    移転しました

      インフォメーション
      ■ このサイトについて
      ■ 記事のランク(★☆☆☆☆〜★★★★★)について

      ランダム記事
    今月の注目記事

     スポンサードリンク

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    家電メーカーのシャープの社名はシャープペンシルからきている

    必要性ランク:★★☆☆☆ ブログパーツ

    テレビ

    シャープペンシルとは言わずと知れた鉛筆の代替品として広く用いられる高性能で便利な筆記用具であるが、家電メーカーのシャープの社名の由来は実はここからきている。

    早川金属工業(現在のシャープ)の創業者である早川徳次は1915年、金属製繰出鉛筆を発明、「早川式繰出鉛筆」として特許を取得した。
    これ以前の繰出鉛筆はセルロイド製であり、非常に壊れやすく実用的ではなかったが、この発明により実用に耐えるものになった。
    初期のものは芯が太かったが、翌年1916年に芯をさらに細いものに改良し、「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」と改名し、その製品名から「シャープ」と社名が付けられた。

    ちなみにシャープペンシルという呼称は福井商店の福井庄次郎が輸入時に名付けたもので、早川徳次とは知り合いであったことにも由来している。

    なお、シャープは1923年の関東大震災で工場を焼失し、家電メーカーとして再生したため現在は筆記用具を製造販売していない。
    特許も震災による借金返済のために売却された。
    関連記事


    -------------
    参加しています!
    「へえ〜」「なるほど」「勉強になった!」となどと思った方はクリックお願いします!


    -------------

       | HOME | 

          新着知識
       数字が小さい方から新着順です
       画像にカーソルを持ってくると記事のタイトルが表示されます

      スポンサードリンク

      スマホのバッテリーでお困りになったことありませんか?
      高性能・高品質モバイルバッテリー

      お問い合わせは下記から

        メールフォーム

      サポートリンク


      はてなブックマーク   このエントリーをはてなブックマークに追加

      Twitter  
      定期的に情報を発信

       

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。