ちょっとした雑学から知って得することまで、あらゆる知識を集めたサイトです。

    知って得する知識サイト

    移転しました

      インフォメーション
      ■ このサイトについて
      ■ 記事のランク(★☆☆☆☆〜★★★★★)について

      ランダム記事
    今月の注目記事

     スポンサードリンク

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    放射能はすべての食物に産地関係なく含まれている

    必要性ランク:★★★★☆ ブログパーツ

    果物
    食品にはもともとカリウム40などの放射性物質(自然放射線)が含まれている。
    そのため、体内にも一定量の放射性物質が存在しています。


    身近な食品中のカリウム40を含む食品とその量(単位:ベクレル/㎏)
    ・米:30
    ・食パン: 30
    ・牛乳: 50
    ・魚: 100
    ・肉: 100
    ・ホウレンソウ: 200
    ・キャベツ 200
    ・トマト: 60
    ・ニンジン: 80
    ・ワカメ: 200
    ・干しシイタケ: 700


    これらはほんの一部です。
    1ベクレルとは、1秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能の量である。

    ちなみにカリウム40は食品のに含まれている最も多い自然放射性物質で、体内にたまっていく心配はありません。
    これらは、崩壊して少なくなっていくうえに、排泄によって体外に出されるため、たまり続けることはありません。

    また、何ベクレル以下なら安全で何ベクレル以上なら危険かというのは専門家の間でも様々な意見があるため、一概には答えられないようだ。




    こちらもあわせてどうぞ
    ベクレルとシーベルトの違い
    関連記事


    -------------
    参加しています!
    「へえ〜」「なるほど」「勉強になった!」となどと思った方はクリックお願いします!


    -------------

       | HOME | 

          新着知識
       数字が小さい方から新着順です
       画像にカーソルを持ってくると記事のタイトルが表示されます

      スポンサードリンク

      スマホのバッテリーでお困りになったことありませんか?
      高性能・高品質モバイルバッテリー

      お問い合わせは下記から

        メールフォーム

      サポートリンク


      はてなブックマーク   このエントリーをはてなブックマークに追加

      Twitter  
      定期的に情報を発信

       

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。