ちょっとした雑学から知って得することまで、あらゆる知識を集めたサイトです。

    知って得する知識サイト

    移転しました

      インフォメーション
      ■ このサイトについて
      ■ 記事のランク(★☆☆☆☆〜★★★★★)について

      ランダム記事
    今月の注目記事

     スポンサードリンク

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    交番を英語にする時、POLICEを使わずそのままKOBANとする理由

    必要性ランク:★★★☆☆ ブログパーツ

    交番
    交番を英語にするとき、警察がポリス(Police)なのでその詰め所のことをポリスボックス(Police Box) と書かれると思いきやそのままKobanと書かれるのはなぜか。

    理由は、英語圏のポリスボックスと日本の交番は異なるとの考えからそのまま呼ばれるようになったようである。

    また日本の交番のシステムは日本独特で、町の治安維持においても効果的であるため諸外国でも取り入れてきており、国際的にもKobanが定着しつつもあり、国によってはそのままKobanと書いているところも存在する。

    ちなみに交番は1994年に正式名称とされ、それまでは派出所が正式名称であった。

    余談だが、日本の治安がいい本当の理由は交番の警察官が仕事をしているからではなく日本が島国なのと日本人が優れた人材であるからである。
    関連記事


    -------------
    参加しています!
    「へえ〜」「なるほど」「勉強になった!」となどと思った方はクリックお願いします!


    -------------

       | HOME | 

          新着知識
       数字が小さい方から新着順です
       画像にカーソルを持ってくると記事のタイトルが表示されます

      スポンサードリンク

      スマホのバッテリーでお困りになったことありませんか?
      高性能・高品質モバイルバッテリー

      お問い合わせは下記から

        メールフォーム

      サポートリンク


      はてなブックマーク   このエントリーをはてなブックマークに追加

      Twitter  
      定期的に情報を発信

       

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。